ホワイトニング歯磨き粉に配合されている研磨剤とは?

ネットなどでホワイトニング歯磨き粉について書いてある記事には、研磨剤の成分が配合されている歯磨き粉は、歯の表面を削り傷つけてしまうため危険だという意見も多く、普通に販売されているのに本当に使用してもいいのか、よくないのかわからなくなってしまう方もいるのではないでしょうか。

 

 

歯磨き粉の主な成分には、研磨剤・湿潤剤・発泡剤・粘結剤・香味剤・薬効成分などが配合されており、特に歯磨き粉の研磨剤は、汚れを落とす効果を高くするために多くの歯磨き粉に含まれています。

 

歯磨き粉で歯の表面の黄ばみや着色汚れを落として本来の歯の白さにするためには、研磨剤で削るという方法が一番効果があるのですが、研磨剤の粒子の大きさによっては歯が傷ついてしまい、知覚過敏が起こってしまったり、歯周病が悪化してしまうことがあります。

 

現在販売されている歯磨き粉に表記されている成分は、歯を削るイメージが強い「研磨剤」ではなく、昔よりは粒が小さなものが使用されるようになり「清掃剤」と記載されています。

 

研磨剤はどんな成分名で表記されているの?

歯磨き粉に表記されている研磨成分の名前や表記する方法は、薬事法によって何通りか認められているため、メーカーによって違っていたりします。

 

次の成分が配合されている歯磨き粉の研磨剤には、どんな種類のものがあるのか主な成分を紹介します。

 

一般的な研磨剤

  • 含水ケイ酸
  • 無水ケイ酸
  • 軽質無水ケイ酸
  • シリカ
  • 酸化チタン
  • 重質炭酸カルシウム
  • 炭酸カルシウム など

 

粒子が細かい研磨剤

  • ヒドロキシアパタイト
  • ハイドロキシアパタイト
  • ピロリン酸ナトリウム
  • リン酸水素カルシウム など

 

「研磨剤なし」と表記されているので選んだ歯みがき粉のはずなのに、先ほどあげた研磨成分が表記されていることがあります。確かに「清掃剤」の欄には表記されていないのですが、「粘結剤」「基材」「薬用成分」などに研磨成分が表記されていることがあります。

 

これは、研磨成分が配合されていたとしても、清掃剤以外で使用される場合には、配合される含有量が微量で歯を削るところまではいかないため、どの目的で使用されているのかによって成分表に研磨剤では表記されません。

 

ホワイトニング歯磨き粉に配合されている研磨剤で注意したいのは?

研磨剤が配合されている歯磨き粉は、歯の表面のエナメル質を傷つけないようにするためには使用しないことが一番いいのですが、歯の表面の黄ばみや着色汚れが気になっている方には、やはり研磨剤が含まれている歯磨き粉が必要になります。

 

そのため、研磨剤の効果を安全に使用するためには、次のことに注意が必要です。

 

研磨剤の粒の大きさや硬さ

 

研磨剤の粒子が大きいものや配合量が多いものは歯の表面に傷がつきダメージを与えるため、歯の硬さよりも柔らかい硬さの粒で、歯の表面のエナメル質や歯ぐきを傷つけないナノ粒子レベルのものを選びましょう。

 

ハイドロキシアパタイトなどの極小粒の研磨剤が安全性が高く、黄ばみや着色汚れを表の表面から浮かせて落とす効果があるポリリン酸も、歯の表面を傷つけることがなく安心です。

 

使用する回数

 

研磨剤が多く配合された歯磨き粉で毎日磨かず、週に1〜2回程度の使用にしておき、それ以外の歯磨きでは研磨剤が入っていない、歯の表面に付いてしまった汚れを落とす効果やコーティングをしてくれる効果がある歯磨き粉を使用しましょう。

 

価格が安いものを選ばない

 

価格が安いものほど、一般的に簡単に製造することができる成分を使用するので、コストがかからない分歯の表面を傷つけてしまうことがあるため、安全性を確保することができにくくなります。

 

価格が高いから全て安全だとはいいきれませんが、価格が高い分、歯の表面のエナメル質を傷つけないように、研磨成分を極小粒にした成分を開発するコストやその成分が多く含有されます。そのため、どうしても価格は高めになってしまいます。

 

ホワイトニング歯磨き粉で研磨剤を使用するなら…

研磨剤は選ぶものや使用方法を間違えてしまうと、歯の表面のエナメル質を傷つけたり、知覚過敏や歯周病の悪化などの危険性もあります。

 

そのため、歯を傷つけないナノレベルの極小粒の研磨剤が配合された歯磨き粉を使用することによって、汚れを削り落とすのではなく、浮かせて吸着してから落とすことができます。

 

ホワイトニング歯磨き粉を使用するならば、研磨剤の配合量が少ないものを選ぶか、研磨剤よりも極小粒である薬用ハイドロキシアパタイトが配合されたものを選びましょう

 

薬用ハイドロキシアパタイトは汚れを吸着するだけではなく、成分が歯や骨に似ているので歯の欠損部分を補強するという効果も持っています。

 

また、洗浄成分とコーティング成分を多く持っているポリリン酸ナトリウムは、歯を傷つけることなく汚れをつきにくくしてくれます。

 

これらの極小粒の研磨剤を使用してもなかなか汚れが落ちない場合には、歯科医院でクリーニングをしてもらい、その後自宅でホワイトニング歯磨き粉でケアをしていくと、本来の歯の白さをキープすることができます。

 

ホワイトニング歯みがき粉で避けた方がいい成分とは?

最近の歯磨き粉の表記には、歯を削ってしまうイメージの「研磨剤」という言葉は使用されておらず、最近では「清掃剤」と表記されています。

 

歯のホワイトニングを目的とした歯磨き粉で、市販の価格が安いホワイトニング歯磨き粉には、歯を削る危険性が高い研磨剤が多く配合されているためなるべく避けた方がいいでしょう。

 

■ホワイトニング歯磨き粉で避けたい成分

無水ケイ素

「清掃剤」として無水ケイ酸が使用されている場合、粒子が大きく歯のエナメル質と同等かそれ以上の硬さのある研磨剤なので、歯を傷つけてしまうため要注意です。

 

■「無水ケイ酸」以外の表記

  • シリカ
  • 無水ケイ酸A
  • 軽質無水ケイ酸 など
炭酸カルシウム

歯のエナメル質の硬さよりは柔らかい粒子の研磨剤ですが、それでも硬さがあるため粒子が大ききい場合には歯を傷つけてしまう可能性があります。

 

■清掃剤「炭酸カルシウム」以外の表記

  • 炭酸Ca
  • 重質炭酸カルシウム
  • リン酸2Ca
  • 三リン酸カルシウム
  • 第二リン酸カルシウム など
水酸化アルミニウム

多くの口臭予防を目的にしている歯磨き粉の薬用成分や、歯のエナメル質の硬さよりは柔らかい粒子の研磨剤として使用されていますが、それなりの硬さがあるため粒子が大ききい場合には歯を傷つけてしまう可能性があります。

 

毎日、白い歯になりたいと知らないうちに添加物や化学物質が入ったホワイトニング歯磨き粉を口に含んでしまっていると、その成分によって歯のエナメル質を少しずつ削っていたり、体に悪影響を与えてしまう物質が体に入ってきてしまいます。

 

普通の歯磨き粉やホワイトニング歯磨き粉を選ぶときには、体に悪影響を与えることが少ない成分で歯の表面を傷つけない、歯に安心の超極小粒の研磨剤「薬用ハイドロキシアパタイト」や、歯の表面の黄ばみや着色汚れを浮かせてから落とす「ポリリン酸ナトリウム」が使用されているものがおすすめです。

 

歯磨き粉の成分表示要領についての詳しい情報はこちら「JDMA日本歯磨工業会