フッ素が配合されている歯磨き粉を使用することによる効果とは?

現在、市販で販売されている90%の歯磨き粉にはフッ素が配合されており、毎日する歯磨きのときに使用することによって虫歯予防や歯の再石灰化、歯周病対策などの様々な効果が期待できます。

 

 

フッ素の働きとは?

歯からカルシウムやリンの結晶が溶け出すことを「脱灰」と言い、唾液に含まれるカルシウムやリン酸が再び歯に付着することを「再石灰化」といいます。人は食事をすることによって、どうしても歯は1日の中で脱灰と再石灰化が何度も起こります。

 

このときに口内環境が悪いと脱灰と再石灰化がうまくいかず、口内でさまざまなトラブルが起きてしまいます。そんなときにフッ素が配合された歯磨き粉を使用していくことによって、次のような効果が期待できます。

 

虫歯予防

 

歯磨きをきちんとしたつもりでも落としきれていない、歯垢(プラーク)の細菌の活動によって作られた虫歯の原因菌の働きを抑えて虫歯を予防し、歯垢(プラーク)が作る酸の量を抑制します。

 

再石灰化を促す

 

歯からカルシウムやリンの結晶が溶け出すことを「脱灰」と言いますが、フッ素には溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させる働きがあり、唾液に含まれるカルシウムやリン酸を歯に付着させます。この働きは初期の虫歯を治すことができるとも言われています。

 

歯質を強化する

 

歯垢(プラーク)が作る酸をブロックする働きによって、歯の表面を覆うエナメル質を酸にとけにくい性質に修復して歯質を強化します。

 

フッ素が配合されている歯磨き粉を選ぶポイントとは?

フッ素濃度
市販のフッ素が配合されている歯磨き粉のフッ素濃度は統一されているわけではないため、購入するときにはフッ素濃度に注目してみてください。フッ素濃度は高フッ素濃度の製品の方が、高い虫歯予防効果が期待できます。

 

厚生労働省が2017年までは1,000ppmを上限としていましたが、2017年3月に上限が1,500ppmまで認可しました。

 

また、年齢によってフッ素配合ハミガキ剤の使用量は異なり、6歳未満の子どもの場合はフッ素症のリスクが生じるため、フッ素濃度が1,000ppmを超える歯磨き粉は使用できません。

 

フッ素症とは

 

6歳未満の子どもの場合、歯が成長過程にある時期に長期間フッ素を過剰に摂取すると、歯のエナメル質に白い斑点ができる症状がでることがあります。また、6歳以上でも6〜14歳の場合では、1度の歯磨きで1cm程度までの使用が推奨されています。

 

フッ素配合の歯磨き粉の正しい使用方法

フッ素配合の歯磨き粉を使用してする歯磨きは、せっかくのフッ素の効果を口の中に少しでも長くとどめられるように工夫をすることが大切です。フッ素の濃度ももちろん大切なのですが、フッ素の効果を口内のすみずみにまで行きわたらせることも大切です。

 

フッ素配合の歯磨き粉の使用量は年齢によって違ってきます。0〜2歳は歯ブラシに1〜3mm程度、3〜5歳は歯ブラシに5mm程度、6〜14歳は歯ブラシに1p程度を目安にして使用しましょう。

 

フッ素配合歯磨き粉を使用する場合、濃度も大切ですが、歯の隅々まで行きわたっているかどうかも大切なポイントとなります。歯ブラシに適量を付けて、歯の隅々までしっかりと磨くことでフッ素の効果を行きわたらせることができます。

 

@ 少ない水で1回だけすすぐ

 

フッ素配合の歯磨き粉を使用して歯磨きをして吐き出したあとに、水で口の中を何度もすすいでしまうと、口の中に残っているフッ素がなくなってしまいます。そのため、一口分の少ない水で5秒間程度1回だけすすぎます。
また、フッ素の効果を少しでも長く残すために、歯磨きをしたあとは30分程度は食べ物や飲み物を控えることをおすすめします。

 

A 就寝前に使用する

 

口内の細菌は唾液の分泌が少なくなって、自浄作用が低下する就寝時に繁殖しやすくなります。そのため、フッ素配合の歯磨き粉で寝る前の歯磨きを丁寧にして、フッ素の効果て虫歯予防をしましょう。

 

フッ素配合の歯磨き粉についてのまとめ

歯磨き粉には、虫歯、歯周病、歯槽膿漏、知覚過敏、ホワイトニングなど、それぞれの症状や予防のための成分が配合されているものがあるため、どのような効果があるのか商品によって違ってくるので、しっかりと成分や効能などを確認することが必要です。

 

また、歯磨き粉のつけ過ぎに気をつけて、自分にあった歯磨き粉を見つけて健康な歯を保てるようにしていきましょう。