ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)ってどんな成分なの?

ホワイトニング歯磨き粉に配合されている成分で「ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)」が使用されているものがあります。ハイドロキシアパタイトと聞いても、歯にいい成分なのかな?歯を白くしてくれる成分なのかな?と実際のところはよくわからず、ホワイトニング歯磨き粉を購入している方もいるのではないでしょうか。



ハイドロキシアパタイトはヒドロキシアパタイトとも呼ばれ、骨や歯に含まれるリン酸カルシウムの一種です。人の体の成分比率では、骨では65%、歯のエナメル質の97%がハイドロキシアパタイトの成分が占めている比率です。

歯と同じ成分でできており、歯と固さが似ているので歯磨き粉に配合されて磨いても歯に傷がつきにくく、タンパク質を吸着して取り除く性質があるため、歯の表面の汚れを吸着しながら取り除くという特徴があります。

また、歯の表面のエナメル質についてしまった細かい傷に、ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)の成分が浸透して傷を修復し、ミネラル成分が溶け出した部位にカルシウムイオンとリン酸イオンを補給してくれるので、初期虫歯を再石灰化してくれます。

脱灰と再石灰化とは?

 

脱灰
歯の表面の歯垢によって細菌が増えることで作られる酸、食べ物の菌が糖から作り出す酸が、口の中を酸性にして歯を溶かすことをいいます。

再石灰化
唾液に豊富に含まれているリン酸イオンやカルシウムイオンが歯のエナメル質表層下に浸透することで、溶けて失われた部分に再び補充され、脱灰された歯を元の健康状態に戻していくことをいいます。

食べ物を毎日食べる私たちは、脱灰→再石灰化→脱灰→再石灰化…を生きている限り繰り返します。そのため、歯が健康な状態でいるためにはきちんと脱灰→再石灰化という流れが必要になります。

しかし、口内環境が悪く再石灰化がうまく行われてないと、虫歯になってしまったり歯の黄ばみや着色汚れなどの原因となってしまいます。

再石灰化がうまく行われるようにするためには、歯の表面の歯垢などの汚れをキレイに除去し、唾液がきちんと歯の表面に接することができるようにすることが大切です。

そして、ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)の成分が配合されている歯磨きを使用していくことで、歯の表面の細かい傷を修復することができるので、ツルツルの歯と健康な口内環境を作っていくことができます。

「薬用ハイドロキシアパタイト」と「ハイドロキシアパタイト」はどう違うの?

ハイドロキシアパタイトには、タンパク質を吸着して取り除く性質があるため、歯の表面の汚れを吸着しながら取り除くという特徴がありますが、粒の小さい良質なものであればいいのですが、粒の大きいものは研磨剤として使用されており、歯の表面に傷がつきやすくなってしまいます。

ホワイトニング歯磨き粉の成分として、商品によって「薬用ハイドロキシアパタイト」、「ハイドロキシアパタイト」と記載されているものがあります。

一見同じ成分かと思いがちですが、薬用ハイドロキシアパタイトは、株式会社サンギさんが独自の技術によって開発された、一般的なハイドロキシアパタイトと効能効果が区別されている成分です。

薬用ハイドロキシアパタイトは、粒の大きさがナノサイズととても小さく、むし歯予防効果など歯のエナメル質へ直接働きかける「薬用有効成分」として、1993年に厚生労働省に認可されています。


薬用ハイドロキシアパタイトの効果

 

歯垢や口内細菌を吸着して除去する
ハイドロキシアパタイトが持っているタンパク質の吸着能力が高い効果に、薬用ハイドロキシアパタイトのナノ粒子が、歯の表面の歯垢や口腔内細菌を吸着して除去するため、口内をすっきりさせるだけでなく虫歯予防もでき口内環境を整えます。

歯の表面の目に見えないキズを修復する
薬用ハイドロキシアパタイトのナノ粒子が、歯の表面の目に見えないようなミクロの傷を埋めて修復してくれるため、表面がツルツルになり、歯垢や着色汚れが再付着しにくくなります。

初期むし歯の再石灰化
歯の表面の歯垢によって細菌が増えることで作られる酸、食べ物による酸によって、エナメル質の内部からミネラルが溶け出して脱灰した状態を「初期虫歯(虫歯の一歩手前)」と言いますが、薬用ハイドロキシアパタイトのナノ粒子は、溶け出したミネラルを補給して初期むし歯を再石灰化して虫歯抑制をします。

ハイドロキシアパタイト配合ホワイトニング歯磨き粉のまとめ

ホワイトニング歯磨き粉は、本来の歯の白さを取り戻すために歯の表面の汚れを除去する効果や、歯のエナメル質についてしまった細かい傷の修復をしてくれる成分が配合されているものを選ぶことが、美しい本来の白い歯を取り戻すために大切です。

白く美しい歯でいるためには、強すぎるブラッシング、固い食べ物による細かい傷、歯の表面についた歯垢内から出る酸、エナメル質内部からミネラル成分が溶け出すなどのエナメル質のダメージを、ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)の成分で修復していくことが必要です。

ハイドロキシアパタイトの成分はまく活用していくことで、本来の自然な白い歯を取り戻すことが期待できます。

しかし、ハイドロキシアパタイトが配合されていると記載されているホワイトニング歯磨き粉でも、ホワイトニングの有効成分としてではなく、研磨剤として配合されているものもあるため購入するときには注意が必要です。

関連ページ

ホワイトニング歯磨き粉に使用されているポリリン酸ナトリウムの効果とは?
最近では歯のホワイトニング成分としてホワイトニング歯磨き粉に配合されおり、歯の表面の汚れを浮かせて落とすことができるポリリン酸について詳しく紹介します。